コラム

事業用大規模建物における再利用計画書

各自治体では、リサイクルの推進のため1,000~3,000㎡以上の大規模建築物の所有者に対して、

  1. 廃棄物の減量化、資源化の推進
  2. 廃棄物の再利用計画書の提出
  3. 管理責任者の選任と届出

上記3点を求めています。

また、建物に入居している事業所(テナント)も、ゴミの減量に協力するように求められます。

リサイクル推進の今後の取組みとして、「シュレッダー利用を極力減らし、溶解処理を利用する」ことは有効な方策と言えます。

その他のコラム

機密文書溶解処理サービスと信頼関係

機密文書の回収方法について 他社では、お客さまのオフィス内に設置した回収BOXから機密文書を取り出し、箱詰めするなどのサービスをおこなっているところもあります。しかし部外者がオフィスに立ち入る、機密文書が一度部外者の目に […]

書類の処分方法はシュレッダー?溶解処理?

書類を処分する方法として、シュレッダーを思い浮かべる方も多いと思います。溶解処理に比べ、身近で誰でもできる簡単な処理方法ですが、リスクもあります。 シュレッダーと溶解処理にはどのような違いがあるのでしょうか? 今回は、シ […]

ハードディスクデータ完全抹消サービス

ハードディスクに書き込んだデータは、削除しただけでは消えません。 ハードディスクにドリルで穴を開け処分する方法がありますが、物理的に欠損した箇所以外のデータを復元させることは可能です。 ハードディスクデータの抹消は電磁的 […]